旋盤加工だからできる精巧な真空ねじ


吉沢勇二   旋盤職人の紹介

吉沢製作所代表の吉沢勇二です。

1943年(昭和18年)、長野県下伊那郡松川町の桶職人の家に生まれる。70歳。

地元の中学を卒業後に旋盤加工会社に就職。

1973年に独立し、現在に至るまで吉沢製作所を経営しています。

旋盤職人として50年を超えるベテラン。その独自技術に確かな自信があります。

<“匠”の技が光る>

高品質で低コストの真空ねじが製造できる秘密は、

旋盤加工時の過熱を抑制する独自合成の切削油と、適度な硬度の特殊ドリル

そして旋盤のハンドルを1ミリの100分の1単位で動かす確かな腕。

固いステンレスでもドリルが折れることなく、滑らかな表面の穴を空けられます。

放電加工では決してなしえない、“匠の技”が光ります。